【機能不全家族チェック】




機能不全家族1 機能不全家族とは、本来、各家族が担う役割が果たせておらず、家族の機能が適正では無い家族の事を言います。
特に、虐待やネグレクト等がある場合は、機能不全家族と言えます。

機能不全家族の特徴として、
子供への尊重が足りない
強固なルールがある(またはルールが全くない)
強固な役割がある(または役割がない)
家族に共有されている秘密がある
家族に他人が入ることへの抵抗
生真面目
家族成員にプライバシーがない(人間に境界が曖昧)
家族への偽りの忠誠
家族成員の葛藤は否認され、無視される
変化に抵抗する
家族は分断され、統一性がない
出典:機能不全家族とは|恵比寿メンタルカウンセリング
という特徴が挙げられます。
また、そこまではないが愛情不足や独特のルール、家族構成の欠如などがある場合も機能不全家族となります。
機能不全家族の問題は、子供が家庭環境によって精神的発達の偏りや不適正を起こしてしまうことにあります。
子供はどのような環境でも適応しようとします。ですが、あまりに歪んだ環境だと、精神的発達も歪んだものになってしまいます。
それが、大人になってから社会という大きな環境に適応する時の妨げになることが一番の問題といえます。
大人になってからの生き辛さが、機能不全家族の影響である人をアダルトチルドレンというのですが、様々な問題をかかえてしまいます。
今を変えるためにも、自分が偏った環境で育ったことを再認識することによって、客観的に自分を見れるようにしなければなりません。
自分のルーツを知ることで、今の自分と向き合うことが出来るようにまずは、自分の家族がどのような家族だったのかをチェックしてみましょう。
チェックスタート